2016年05月15日更新

大学受験の英文法で大事なことは単元別に勉強したあと単元がランダムで出題される問題集を解くこと

image

英文法の問題集には2種類あり、まずは「単元」ごとに勉強

長文読解の基礎となる英文法ですが高校で授業を受けて、定期試験の時に復習はするものの1ヶ月後には全く覚えていない、という人も多いのではないでしょうか?

英文法には「時制」「助動詞」「仮定法」「関係代名詞」などの単元があります。英文法を勉強し始める前に大事な事は、『自分には文法を自力で理解できる実力があるかないか』をきちんと理解する必要があることです。

偏差値の高い高校に通っている人であれば、英文法を自分で理解し暗記できてしまう受験生が多いですが、そうでない子ももちろんいます。

自分で理解するのが厳しいと判断した場合は、個別指導塾に通うや家庭教師に教わる、学校の先生に聞きまくるといった対応をとらないと3年生になったときに英文法で死ぬほど苦労することになります。

そして文法を勉強し始めるときは最初は必ず『単元』ごとに勉強しはじめるのもポイントです。

これはどういうことかいとうと、基本的に英文法の問題集には2種類あるのです。

  1. 単元ごとに分かれている問題集
  2. 単元がばらばらでランダムに問題がある問題集

文法の問題集は主にこの2パターンがあります。1の方は「時制」「関係代名詞」など単元ごとに分かれて問題がある一方、2は英文法ファイナル(桐原出版)のように、単元に関係なく問題が組まれています。

②の形式の英文法の問題集は各単元を暗記したあとに演習として取り組むものなので、必ず①のタイプの問題集に取り組む事が大事です。順番を間違えてはいけません。

英文法は最初に「単元」ごとに理解、問題を解けるようになるまで繰り返す

「時制」「助動詞」「仮定法」「関係代名詞」などの単元ごとに勉強する際は、まず学校で配られた参考書でも良いですし、フォレストのような解説書でもなんでもよいのですが、頭で文法そのものを理解し、そのあと単元ごとの問題集で知識をアウトプットしてください。

「理解が必要な暗記科目」英文法・古文文法・日本史・世界史は出題パターンを覚えるまでやりこむ

この記事にも書いてありますが、英文法を勉強する手順は以下のようになります。

  1. 単元を理解する
  2. 基本例題で確認
  3. 問題集でアウトプットして覚えていないことを明らかにする
  4. 覚えていないことを減らす
  5. 問題を見た瞬間に答えがわかるようになるまで繰り返す

「英文法を理解する」のと「問題を解く作業」を同時にやらないということです。

例えば仮定法で、なぜこの場合は仮定法過去を使っているのか、について徹底的に考えて理解しないと問題を解いても効果的でないということです。

仮定法自体に関してきちんと自分の言葉で説明できるくらいわかってからでないと問題を解いても理解が深まりません。

仮定法のでいえば、仮定法過去、仮定法過去完了、if it were not for、shouldを使う場合、Were it not forなどの倒置など一通り仮定法という「単元」を理解します。

そうしたら問題を解き、間違えがなくなるように何度も繰り返します。やり方としては、一度自分で解いてみて、間違えたところを解答を見ながら理解してなおします。

そのあと全問正解になるまでテストをするような形で暗記できるまで繰り返してください。

英文法は結局暗記できているかどうかが重要なので、覚えていない状態で次に進むとまたあとで復習しなければならなくなります。

定期テストの際にテスト範囲の単元を入試レベルに仕上げる

英文法を「単元」ごとに理解するにあたって、定期テストは何が何でも利用すべきです。例えば、「仮定法」と「関係副詞」がテスト範囲だったとしましょう。

学校で使っている問題集のテスト範囲のところを繰り返し暗記するのはもちろんのこと、「アップグレード」、「英文法レベル別問題集」などの単元別に分かれている問題集を用意し、「仮定法」と「関係副詞」に関する問題を解きまくります。間違えた問題はすべてできるようになるまで繰り返します。

その結果どうなるかというと、「仮定法」と「関係副詞」ではどういう問題が出題されるのか、どのように聞かれるのかがわかってくるのです。これが出題パターンの暗記ですね。

難関大に現役合格する人は『定期テスト』の勉強で必死に入試レベルの問題集を解く

Sponsored Links

単元を一通り学んだら、「単元ごとに固定されていない問題集」で暗記

単元ごとにひとおり暗記をしたら、次は「単元ごとに分かれていない問題集」で解けるようになることが必要です。

単元ごとに固定されていない問題集とは「英文法ファイナル」のように不定詞、イディオム、仮定法といった単元の問題がランダムに出題される問題集のことを指します。

なぜ単元ごとに固定されていない問題集を解くのが重要かというと、単元別で勉強しているときは解ける問題でも、ランダムに出題されると解けなくなるケースが非常に多いからです。

どういうことかというと、不定詞の単元を勉強しているときは、そこには不定詞の問題しか出てきません。しかしランダムに出題される場合その問題が不定詞に関する問題だと見分ける力がないとわからなくなってしまうのです。

なので単元を一通り勉強したら、英文法ファイナルのような単元ごとにわかれていない問題集に必ず取り組んでください。

英文法ファイナルのような問題集の場合、1章、2章といった区切りがあるので、1章を区切りにまず問題を全部解きます。次に答え合わせをし、間違え直しをします。

そうしたら、間違えた問題だけを完全暗記します。間違えた問題をできるようにすることに集中します。そして覚えたと思ったらもう一度全問題解いて満点になるまでやります。

英文法が得意にならない人の典型的なパターンはできない問題をできるようにしないことです。英文法は努力した分力がつくので、ぜひこれまで述べてきたやり方で勉強してみてください!