2014年12月10日更新

センター試験直後の流れと前日に絶対やるべき1つのこと

キャプチャ

センター試験当日

1日目が社会国語英語、2日目が数学理科なので、私立文系の人は1日目のみ、それ以外の人は2日間にわたります。

最初の本番ということで、2月の一般より何倍も緊張する人が多いでしょう。(会場や雰囲気にもよります)国公立志望の人にとっては、ここでミスると二次試験への影響が半端ないため、さらに緊張するでしょう。

私大の人はセンター利用受からないかな〜という軽い感じかもしれませんが、なんだかんだ本番なので良い点とってやろうという気持ちが強くなります。

ここからが注意。センター試験が終わり、家に帰るとだいたいどこかの予備校が解答速報をweb上で配信しはじめます。

私立文系以外は自己採点しない

まあわかっていると思いますが、2日目も受験をする人は絶対に1日目終了後に自己採点をしてはいけません。点数が良くても悪くても感情が乱れるだけです。

なんのメリットもありません。twitterなどの情報も遮断して次の日に備えましょう。集中力は一度きれたらもうおしまい。感情の浮き沈みで今までの努力を無駄にしてはいけません。

私立文系の人は、自己採点をしてもよいでしょう。ただ、どんな点数でもこれが受験の全てではない事を覚えておいてください。

別にセンター利用ミスってもGMARCH以上に受かる人なんていくらでもいますから。

そしてセンター試験前日にやっておいてほしいことが次の通り。

Sponsored Links

センター前日にセンター以後のスケジュールを立てる

センター試験の直後は感情が動きすぎて大変なことになります。良い点数を取れなかった場合、荒れに荒れる人もいますし、メンタルが崩壊してだめになる人もいます。

逆に油断しすぎてそのあとの私大で失敗する人も。

何がいいたいかというと一時的に冷静に考える力が弱まります従ってセンターの前にセンター以後から2月の一般までにやるべきこと、1日ごとのスケジュールを立てておくべきなのです。

センターの前日が、落ち着いて考えられる最後の1日だとおもってその日に徹底的に計画をたてましょう。どんなに良い点数でも悪い点数でも一般に向けてやることを整理しておけば、結果がどうであれ本番まで落ち着いて過去問対策ができるでしょう。

センターリサーチやセンターを受ける上での心構えは以下の記事を参考に。

*関連記事
12月にセンター過去問を解いて落ち込む人に伝えたいたった1つのこと
受験生が12月にセンター対策をしすぎてしまう理由
センター英語で180点(9割)超えする3つのポイント

【PR】今なら「スタディサプリ」が実質3ヶ月無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら1ヶ月無料+Amazonギフトカード2,000円がもらえる』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

スタディサプリキャンペーン

スタディサプリ

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!

スタディサプリスタディサプリ