2014年12月09日更新

センター現代文の評論・古文・漢文で私大対策もできる?

goukaku-suppli_2016-02-06_11-53-34-1.jpg

センター現代文・古文・漢文と私大

センター1ヶ月前のこの時期になるとセンター対策もやりながら私大対策もするというやることがありすぎる状況だとは思いますが、国語で少し役に立つことを書きます。(私立文系について)

それは国語の評論・古文・漢文は私大の国語対策にもなるということです。英語や社会はあんまり役に立たないといって言いと思います。

社会に関しては私大とセンターでは必要とされている知識や問われ方が違います。

ではセンターの現代文・古文・漢文でどのように私大対策もしていくのか、そして私大の国語対策はどのようにしていけばよいのでしょうか。

マーク式のセンターも記述式だと思って解く

国語の中でどの大学、学部であっても出題されるのが評論だと思うので、評論の話を中心にしていきます。センターの評論を解く際に重要なのはやはり復習。

今から新しい現代文の問題集をやるよりは、センター試験の過去問と自分が受験する学部全ての問題を暗記するくらいまでやり込む必要があります。

ポイントは英語と同様に、一度解いた問題を、書き込んでいない状態で繰り返しできるようになるまでやることです。

しかしここで注意が。

Sponsored Links

センターならではの問題形式に穴あり

センター試験はマーク式。復習と言ってもう一度解くときに答えがわかっている状態で選択肢を選んでもあまり意味はありません。

重要なのは、選択肢を見る前に自分で答えをイメージし、それをノートに書いてみることです。

例えば、下線部はどういうことか。という問題が来たら、選択肢を見る前に、自分の言葉で答えをノートに書いてみるのです。〜はなぜか、など全ての問題形式で可能です。

評論に限らず、古文でも漢文でも選択肢を見ずに設問だけ見てそれを自分で記述式だと思って書いてみます。

答えをノートに書いたあとに、その自分の答えと一致するのを選択肢から選ぶのです。

この解答方法は、自分で考えた答えを選択肢から選べば1問あたりにかかる時間が極端に減りスピードがあがります。

消去法をしていませんからね。ぜひ一度試してみてください!

センター試験過去問研究 国語 (2015年版 センター赤本シリーズ)

新品価格
¥950から
(2015/2/14 15:08時点)

*関連記事
早慶合格者とGMARCH止まりは消去法をするかしないかでわかる?

《英語長文読解のコツ》は出題パターンの分析で解答時間短縮!