2016年06月29日更新

『単語が分かれば長文が解ける』 東京女子大学センター利用合格者のセンター英語の解き方

大学入試センター試験過去問レビュー英語 2015(河合塾シリーズ).jpg

合格者のプロフィール

年度 2015年(現役)
進学 東京女子大学現代教養学部
合格学部
  • 日本女子大学文学部
出身高校 宮崎県私立延岡学園高校
センター試験
英語
174点
国語
150点
数学1A
48点
数学2B
32点
化学基礎
28点
生物基礎
36点
地理
74点
現代社会
86点

―センター英語の目標点と、その達成のために1番重要だったことを教えてください。

目標は9割である180点でした。

しかし、受験勉強を始めた当初自分はあまり英語が得意ではないと思い込んでて、第4~6問の長文読解問題はいつも諦めモードで解いていました。

そのため配点の大きい問題ばかり落としてしまい、点数はいつも7割前後。

長文読解ができないのは何故か? 単語が分からないからだ!

そう思い10月頃から常に単語帳を携帯し、一日に200個を目安に単語を覚えていきました。
私は「単語王」よく携帯していました。「単語王は」単語の量が多いだけでなく、レベル別に分かれてあるため見やすく、分かりやすいからです。

単語を覚えると自分の英語力に自信がつき、どんな文章でも不思議と読めてしまう気がするんです。
語彙力をつけ、自分の英語読解力に自信をつけることが重要だと思います。

Sponsored Links

―センター英語の解く順番・時間配分についてその順番で解く理由も含めて教えてください。

自分は苦手な第6問から先に解くことが多かったです。苦手なものを先に時間に余裕をもって解くことで、文章を焦らず正確に読むことができるからです。

しかし、少しでも話題が掴みにくい、無理そうだと思ったときは迷わず第5問から解くようにしていました。

絶対にこの大問から解く! というふうに決めつけず、その時の問題に合わせて柔軟に対応するほうが良いと思います。

時間配分は第1問は8分、できれば5分。第2、3問は20分以内に終わらせます。
第4~6問すべて合わせて50分と少し多めに時間を取り、配点の高い分じっくりとやっていました。

―第1問をどのように解いていたかを具体的に教えてください。

発音・アクセントは覚えるしかないので、単語帳を見るときに発音やアクセント記号を意識的に見るように心がけていました。

第1問ではできるだけ早く解いて、他の問題のための時間を稼いでおきたいので即答できるようにしていました。

―第2問をどのように解いていたかを具体的に教えてください。

自分は文法にあまり自信がなかったので、文法問題で分からない問題は飛ばし、熟語から解いていました。熟語ならたとえ分からないものでもその語のニュアンスでわかるからです。

並べ替え問題については、どんなに自信のある問題でも頭のなかだけで考えず、必ず紙に書き出して並べ替えることがケアレスミス防止になります。

―第3問をどのように解いていたかを具体的に教えてください。

下線部の言い換え問題、話し手の意見を要約する問題、文の空所を補充する問題がここで問われています。

ここでは単語力、国語力が重要です。前後の文から判断し解いていきます。

―第4問をどのように解いていたかを具体的に教えてください。

グラフ・図の読み取り問題は、最初に問題を読もうとせず、グラフや図をじっくり見たあとで、問題に目を通していました。

そのほうが文章中の余計な情報に惑わされないと思ったからです。

―第5問をどのように解いていたかを具体的に教えてください。

第5問は物語文の読解です。
第4問と同じく、最初に問題や選択肢を読まず、文章を最初から最後まで読んで、その後に初めて問題を見るようにしていました。問題文と設問を行ったり来たりしてしまうと頭のなかが整理しづらく、また、内容を忘れてしまう可能性があるからです。

―第6問をどのように解いていたかを具体的に教えてください。

論説文は理解できないところがあったら文章を読み飛ばし、まず全体に目を通す。理解しにくいところってたいてい分からない単語があるからだと思うんです。

分からない単語をいつまでも見て悩んでいても仕方ないので、読み飛ばしてどんどん先に進んでいきます。

そうしたら文章の話題や流れがつかめ、問題に答えることができます。

―センター英語の対策で役立ったこと、後悔したことをそれぞれ教えてください。

役に立ったことは、語彙力を集中的に鍛えたことです。文法はあまりできなくても、単語さえ知っておけば問題は解けます。

後悔したことは、模試や過去問演習において、ほぼ毎回80分の試験時間ぎりぎりで問題を解いていたので、本番でもギリギリで時間に余裕を持って解くことができなかったことです。

試験時間より短い70分、60分で解く練習をもっとやっておけばよかったなと思います。