2014年12月09日更新

センター英語第3問のC『要約問題』の解き方が私大英語でも大事なわけ

マーク式基礎問題集英語 不要文選択・発言の主旨(河合塾シリーズ).jpg

第3問のCを解く方法、スピードを見れば偏差値がわかる

センター英語の第3問のCの問題は「要約」。そう聞いても思いだせない受験生のために写真をのせました。

これです。

文章の一番終盤に空欄があり、この文章の要約を答える問題です。講師時代の経験から、第2問のCの解き方を見れば私大英語をどう解いているかだいたいわかります。

先に頭の中で要約してから選択肢を見る

この要約の問題の解き方はいろいろあるんですが、偏差値60以下と偏差値65以上でおそらく解き方かなり異なっているでしょう。

英語の偏差値60以下の人がやりがちなのが消去法、選択肢を先に見る

この解き方をやってるうちは正答率はなかなか上がりません

では偏差値65以上の人が解いている解き方、そしておすすめの解法を説明しましょう。
それは選択肢は先に見ず、頭の中で先に答えをイメージする方法です。

選択肢を先に見てしまったら先入観が入り脳が自分にとって好都合の情報しか拾わなくなります。

なので先に選択肢は見てはいけません。そして答えをイメージするということに関しては、文章を最後まで読んだら頭の中で要約してみるだけ。

そしてそのあと自分の頭の中でイメージしたものに一致する選択肢を選ぶのです。

これができる人は消去法なんて使いませんし、選択肢を選ぶのも一瞬で終わります。

Sponsored Links

この設問だけでなく第6問、私立大英語も同様に解く

この解き方は実はセンター英語の第2問のCだけに限ったことではありません。センター英語第6問を最も効率的に解くために知っておくべき2つのことでも同じ事を述べていますし、そもそも受験英語の問題形式なんてどこもそんな大差ありません。

どの私立大学でも、選択肢を見る前に頭で答えを考える⇒イメージしたのと一致したのを選ぶ。これが早慶上智を突破するような人が無意識的にやっていることです。

誰だって最初はできません。ただこの解き方を身につければ解答時間が圧倒的にはやくなるので、センター対策のついでにやってみてはいかがでしょうか?

【PR】 「スタディサプリ」の志望校対策講座

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『2週間無料なので合わなければ2週間で辞められる』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

「スタディサプリ」を無料体験!