過去問・直前期

『第一志望を決めたら迷わずに合格に向かって直進する』東京大学文科三類志願者の受験校の決め方

合格者のプロフィール 年度 2016年(現役) 進学 東京大学文科三類 合格学部 東京大学文科三類 出身高校 福岡県私立久留米大学付設高等学校 センター試験             英語 189点 国 …

過去問で点がとれないからといって新しい問題集を買うべきでない

新しい問題集を解けば成績が上がるというのは幻想 本番が近づくにつれて、模試の偏差値が自分の望み通り出なかったりC判定以上を出せないと「今のままの勉強ではダメなのかも」と焦ってくるもの。 そこでよくやっ …

英語・国語の読解力を上げるには過去問を特別扱いしないで問題集として解くこと

テクニック頼りで受かるほど受験は簡単じゃない 直前期でもなければ本番までそれほど時間があるわけでもないこの時期、「過去問を解きまくるべきなのか」「過去問を解かないのであれば具体的に何をすればいいか」結 …

過去問がやりたくなる秋は1週間の勉強計画に「復習」の時間があるかで勝負が決まる

過去問をやりたい時期、それが秋 秋になると、受験生がちょっとずつ手を出し始めるのが「過去問」です。 赤本と青本のどっちを使ったら良いかという話やら志望校の過去問の点がとれないやら、過去問対策のために予 …

【過去問の使い方】英語の過去問はいつから解く?どう使う?

画像引用:instagram.com 過去問の使い方で失敗する典型的な受験生とは? 秋くらいになると受験生からこんな感じで声がかかります。『先生、過去問全然解けません』。はい、来ましたかと。で僕は即座 …

勉強の仕方が変わる?大学受験で合否に大きく関わる「得点調整」の仕組み

高校生のみなさん、「得点調整」という言葉を知っていますか?これ、特に3年生が絶対に知っておいたほうが良い受験の仕組みです。 実は大学受験って、本番の各教科の素点の合計点で点数を出しているわけではないん …

11月以降第一志望突破に向けて欠かせない英語のルーティンタスク

冬以降のルーティンの重要性 冬以降になると焦りから参考書や、勉強方法をころころ変えたくなってくるものです。 11月以降は過去問を本格的にやることもあり、1日の勉強が過去問だけになったりもします。 受験 …

過去問の使い方!受かりたい学部の英語長文を音読すべき理由

受験学部の英語長文を音読? この記事タイトルをみて「え?過去問を音読するの?過去問は普通直前までとっておくものでしょ」と思った人もいるかもしれません。 受験生の中には過去問は自分が今どれくらい解けるか …

直前期だからこそ注意!過去問の点数を出す意味がない3つの理由

過去問の点数が気になる受験生 一般入試本番まであと2ヶ月、過去問を解いては点数を出してみる、それを繰り返す時期ですね。受験生にとって12月から2月までの期間、人生で1番不安で、ナイーブな心理状況が続き …

過去問対策の基本は『最も速く』『最も効率的に』解く方法を見つけること

点数をとることは過去問対策ではない *参考記事 11月は過去問で落ち込む人が多発する時期 / 英語の過去問はいつから解く?どう使う? 参考記事で何度も述べているように、過去問対策において点数は関係ない …

1月は毎日第一志望よりも難しい長文を1題読むのが良い?

1月の英語長文の勉強の仕方 今日はぎりぎりまで英語長文を伸ばすために、1月の英語の勉強法について述べていきます。 時期も時期ですので毎日過去問やセンター対策をしていると思いますが、過去問を解くこと自体 …

毎年形式が同じ過去問はその学部のその設問だけを繰り返し解け!

毎年形式が同じ過去問 過去問を解いていると気づくのが、なんだ、毎年全く同じ形式じゃんとなるところ、多いですよね。 明らかなことですが、毎年問題形式が少しでも変わる学部より、毎年変わらないところのほうが …

受験英語の鉄則。私大は文法問題をさっさと終わらせ長文に時間を残す!

どんな大学でも長文で勝負が決まる 受験英語においてどの大学でも、英語はほとんど長文勝負です。配点も長文の方が圧倒的に高いです。 センター試験の第2問は1問2点で、第6問が1問6点であることからもわかる …

3日連続の受験は体力的にも精神的にも被害しかない2つの理由

3日連続の厳しさを知らない現役生は注意 12月にもなると、試験日程を本格的に考える時期ですが現役生のみなさん、3日連続の受験は、想像以上に厳しいですよ。 有名な3日連続の受験日は早稲田の政治経済・商学 …

現役生が伸びるのは12月次第な2つの理由

1.12月は夏休みくらい1日の勉強量を確保できる 現役受験生のみなさん、12月の一周目には高校生活最後の期末テストが終わりますよね。はい、ここからが勝負です。現役生は最後に伸びるってよくいいますよね。 …

毎年数多くの現役生が絶対引っかかる《上智トラップ》

私大受験の場合、多くの人が上智大学の一般入試からスタートします。上智を受ける人も様々。早稲田、慶應、上智の中でどれか受かればいいやと受ける人、GMARCH志望で挑戦で上智を受ける、いろいろあります。 …

過去問を解くときに合格する人はこう解いている(英語長文編)

11月は過去問を解き始める人が増える時期。予備校講師や学校の先生が過去問をいつからやるべきか、どうやるべきかについて言う事が異なって混乱する人もいるのでは? もちろん正解なんてないですし、受験では受か …

MARCHの過去問で文法問題にミスが多い時にやってしまう行動

MARCH志望の人にとって大事なのが英語の文法対策。MARCHの英語は文法問題が多く、点数に大きく響きます。ただ過去問を解き始めると、文法問題ができないためこの時期から新たに文法の問題集を買ったり、解 …

11月は過去問で落ち込む人が多発する時期

過去問を解き終わり答え合わせする。合格最低点をチェック。その結果・・・まったく合格ラインに届いてない。その結果・・・「このままじゃ落ちる。どうしよう。。。(悩む時間だけがすぎてゆく)」 過去問を解き始 …

受験生が12月にセンター対策をしすぎてしまう理由

センター利用は基本受からない 12月になればセンター試験まであと1ヶ月前になり、センター対策を始める人が増えるかと。国立志望ならやるのは当然ですが、悩ましいのが私立文系・私立理系志望の受験生。 毎年受 …