物理の熱気球の問題には『密度の状態方程式』を適用せよ

熱気球の問題を見通し良く解くために 物理の2次試験でよく出題される熱気球の問題。「浮力」と「気体の状態方程式」の両方の知識が問われる難易度の高い問題です。 一見簡単そうに見えますが、闇雲に状態方程式を …

電池電気分解の計算問題の正答率を上げるために重要になる基本問題の絶対的なプロセス

電気分解の基本問題をつまることなく解けないと計算問題で時間は絶対に足りない センター化学などでも電気分解の計算問題は頻出ですが、水溶液を電気分解したときの正極負極の反応式を瞬時に答えられない受験生は計 …

力学の基本的な問題で満点が取れないのは図が正しく描けていないから

力学の問題が解けないのは、図の描き方が間違っているから 力学は、力のつり合いの式や運動方程式、エネルギー保存則の式さえちゃんと立てられれば、あとは中学生でも解けるような問題が多くあります。 なのにでき …

難関国公立に受かるセミナー化学の使い方は『定期テストまでに基本問題・発展問題をとにかくやり込む』

テストで正解できないのはセミナーの問題を解く回数が足りていないから 「定期試験前にはセミナーをちゃんと見て覚えているのに点が上がらないし、だから模試でもできない」という人がいますが、原因は単純に問題を …

『物理は公式さえ理解できていれば問題が解ける』は幻想?

公式のまとめページを見ていても問題は解けるようにならない 「物理は公式の理解に尽きる」という言葉を一度は聞いたことがあるでしょう。しかし例えば物理の教科書を何回も読んでいるだけでは定期テストで点がとれ …

化学の計算問題で手も足も出ないときは問題文中の『単位に注目して』解く

問題文から数字を見つけて適当に計算するのが最悪 数学は好きだけど化学の計算問題になるととたんに何をしたらいいか分からなくなり、結局問題文中の数字をごちゃごちゃ計算して終わる、という人がとても多いです。 …